Dalia Lazar - Frédéric Chopin : Waltz No.10 in B minor Op. 69 No. 2

フレデリック・フランソワ・ショパン (Frédéric François Chopin, ポーランド名: フリデリク・フランツィシェク・ショペン Fryderyk Franciszek Chopin, 1810年3月1日(2月22日(出生証明の日付)、1809年3月1日説あり) - 1849年10月17日)はポーランド出身の前期ロマン派音楽を代表する作曲家である。当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。

その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いた。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人でもある。

生涯を通じて肺結核に悩まされた病弱の芸術家であり、残された肖像画などからも、赤みがかった頬等、その徴表が見られるが、そうした繊細なイメージとよくマッチした作風のものばかりでなく、そうした自らの中の閉塞感を打破しようとする想いや大国ロシア帝国に蹂躙される故国ポーランドへの想いからか、情熱的な作風の曲も多く見られる。

後半生は大部分をフランスで過ごした。しかし望郷の思いは終生止むことがなく、死後心臓が遺言によりポーランドに持ち帰られ、ワルシャワの聖十字架教会に埋葬された。故郷を支配する列強への反発心は若い頃から強く、「美しい花畑の中に大砲が隠されている音楽」(シューマン)と評されることもしばしばである。

また、女性との愛の遍歴も伝説を交えて語られることがあるが、特に女流作家ジョルジュ・サンドとの9年におよぶ交際の間には『24の前奏曲集』、『幻想曲』、『バラード第4番』、『英雄ポロネーズ』、『舟歌』、『幻想ポロネーズ』等数多くの傑作が生まれた。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





♪ショパン : ワルツ第10番 ロ短調 作品69-2

Dalia Lazar performs Chopin's Waltz, Op. 69 No. 2 in B minor

Frédéric Chopin's Waltz, Op. 69 No. 2 in B minor
Performed by Dalia Lazar in Hrvatski Glazbeni Zavod.
May 17, 2012 recital, Zagreb, Croatia.
(Classic Sound - Dalia Lazarより)


ワルツ第10番ロ短調作品69-2は、フレデリック・ショパンが1829年に作曲されたワルツ。死後の1852年に友人のユリアン・フォンタナにより出版された。

概略

ショパンが19歳のときの作品。構成は簡潔ながら、その美しい旋律とスラヴ的な憂いのある曲想に、ショパン後年の円熟を予感させる。第9番「別れのワルツ」と同様に、感傷的にすぎることから生前の発表が控えられたとされている。フォンタナ版の他に、手稿を加えたオックスフォード版も存在するが、細部が異なる。多くの演奏家はフォンタナ版で演奏することが多いが、ジャン=マルク・ルイサダはオックスフォード版を演奏している。

曲の構成

ロンド形式。モデラート。主題は下降音形で、嬰ヘ-ト-嬰ヘ-嬰ハ-ニ-ロ-嬰イの滑らかな右手旋律で、タイによる係留音を多用している。随所にEis音をはさんでおり、半音階的な語法を使っている。中間部ではニ長調とロ長調に転調する。ロ長調の部分では右手三度の和声が美しく、マズルカ風のリズムも見られる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





ダリア・ラザール (Dalia Lazar)

クロアチアのダリア・ラザールは、幼い頃にピアノを勉強し始めました。彼女の最初のピアノ教師は彼女の珍しい才能とピアニストの能力を認め、16歳で彼女はモスクワのPIチャイコフスキー音楽院に入学しました。ラザール氏はモスクワでの勉強中にソビエト連邦全体で活躍しました。モスクワ音楽院を卒業した直後、ラザールさんはニューヨークとロンドンでキャリアを続けることを決め、カールウルリックシュナベルとマリアクルシオに学びました。

ニューヨークのコンサートアーティストギルドコンペティションのファイナリストとして、ラザール氏はルーベンシュタインホールとカーネギーリサイタルホールでデビューしました。それ以来、米国、ロシア、ベネズエラ、イスラエル、スイス、クロアチア、メキシコ、フランス、イタリア、ルーマニアなど、世界中のコンサートやリサイタルでソリストとして幅広いレパートリーを演奏しています。彼女の室内楽のレパートリーには、バイオリンとピアノのデュオとピアノのトリオの作品が含まれ、彼女は亡き夫であるバイオリニストのルシアンラザールと一緒に広範囲に演奏しました。

ダリア・ラザールの演奏は、「そのような高貴な演奏」(エディオット・アクロノ、テルアビブ)、「国連感情」(パノラマ、ベネズエラ)、「virtuosismo y impecable fraseo」(El Nacional 、ベネズエラ)、「カリスマ性、人格、素晴らしいピアニスト施設の珍しい組み合わせ」(ピアニストツィモンバルト)、「...音楽の卓越性を刺激する展示」(日刊共和国)。

私の思い出は達することができるまでのところとしては、それは私が最も覚えてピアノのための愛でした。音楽を聞くと、私の周りのすべてが生きていました。私の祖母の部屋の絵、窓の外の木々、中庭のバルコニーは、突然、彼ら自身の生活と動きを示しました。当時、私は5歳で、クロアチアのザグレブで育ちました。音楽が私に与えた影響に気づいた母は、私をコンサートに連れて行きました。そこで、私は最初の列に座って、私はそれ以来ずっと不思議と幸せの気持ちを経験したと主張しました。

6歳、ザグレブのピアノのレッスンが始まりました。その後、16のモスクワチャイコフスキー音楽院での調査が行われました。砕けた鍵、ぐらぐらした木のベンチ、そして練習から離れた時間よりも長い食品ラインで無限に練習する5年間の厳しいトレーニング。しかし、コンサバトリーの大広間やソビエト連邦全体で演奏したり演奏したりするときに、肉体的および感情的な困難に耐える力を私に与えたのと同じピアノへの愛情がわかりました。

人生経験から来る高い芸術的知識と知識を検索し、私は米国にクルーズ船に乗ってパフォーマンスでチャンスを取りました。その船はソリストなしでマンハッタンから離陸し、私の人生は新たに始まりました。私はすぐに夫であるバイオリニストのルシアンラザールに出会いました。私はソリストとして、南北アメリカ、イスラエル、スイス、クロアチア、メキシコ、ルーマニア、ギリシャで演奏しました。彼の突然の突然の死の後、私は演奏をやめました。1年後、私たちの理想を思い出し、何度も私に力を与えたその気持ちが浮上しました。また遊び始めました。

私の演奏が始まった場所usicはヨーロッパに戻って私をもたらしました。イタリア、パニカーレのレジデンツァのアーティストとして、私は夢を追い続けています。2017年、芸術と美しさを宣伝し、音楽への私の大きな愛情を共有するために、パニカーレのためのVisioni Musicaliを作成しました。
(www.dalialazar.comより)

国内格安航空券ならさくらトラベル!








カタール航空で人気の世界都市へお出かけください。

この記事へのコメント